読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まゆげいぬの妊娠出産育児記録

まゆげいぬの妊娠出産育児の記録。現在は四コマとイラストがメイン。2015年10月息子誕生☆

出産と入院の記録 詳細編2 〜出産〜

出産の記録

出産と入院の記録、詳細編2 〜出産〜です。

痛かったり、恐ろしかったり、生々しい表現があります。苦手な方はご注意くださいませ…

 

分娩台に移動し、陣痛促進剤の点滴を開始しました。ただでさえ痛い陣痛がどんどんきつくなり、これもっときつくなるんだよなぁと思うとドラゴンボールZの主題歌が頭の中に流れ出しました。ハチャメチャが押し寄せてくる…歌詞を思い出してみるとあれって出産の歌なんじゃないか?と思えて仕方なかったです。

陣痛がきつくなり、腰が割れそうに痛いのを助産師さんに押しさすってもらいます。段々と余裕が無くなり、無言で助産師さんの手を掴みさすってほしい場所へ移動させる私。汗だくです。陣痛はひどい生理痛のような痛みでした。

 

夫も私のために何かしてくれようとするのですが…

手を握ってくれる→夫の体温が熱い!

熱いと言って手をはなすとうちわで仰いでくれる→口が乾燥する

リップクリーム塗ってとお願いする→なぜか真ん中にのみちょんちょんとつけてくれる

「リップクリーム全体に塗って!」と言いたかったがそんな余裕も無く…笑

 

助産師さんと一緒に「フーーーーッ」と息を長く吐きだす夫。

助産師さんは指導のために息を吐く実演をしてくれているのであって、あなたの「フーーーーッ」は何のために…?景気づけかしら…と余裕が無いながらも頭の片隅で考える。

 

私にとっては何もしてくれなくても、ただ視界に入ってくれているだけで安心するのになぁ。もしかしたらフォトフレームでの参加でも良かったのかもとうっすら思ったりもしました(笑)

でも私を何とか助けようと色々試みてくれたこと、本当に感謝しています。あと、飲み物をちょこちょこ口に運んでくれたのは本当に助かりました。

 

いきみたい感覚が出だしたので陣痛の波と助産師さんの指導に合わせていきみます。何度か姿勢を変え、最終的に和式トイレにの姿勢を仰向けにしたような体勢でいきむこととなりました。いきむこと10〜20回でしょうか。使っている筋肉がぞうきんがけの時の筋肉と同じことに気づき、もっとぞうきんがけをがんばっておけば良かったと疲労を感じながら後悔。「髪の毛が見えてきましたよ!」と助産師さん。疲れてる場合じゃないとがんばっていきみます。

気づくと助産師さん側に居る夫。「おや?血が苦手だから見ないようにするのでは?なぜ見ているんだ!」「出産シーンを見て妻を女性として見れなくなったってネットで見たぞ。これ大丈夫なんか?」といきみながらもヒヤヒヤ。立ち会いを考えられている方で下半身を見られなくない方は事前にきつく言っておくことと、バースプランにしっかり書いておくことをおすすめします…!

その後、助産師さんと夫に励まされながらいきむこと数回、産声が聞こえあかちゃんが無事産まれました。

私の胸元に置かれるあかちゃん。「良かった…ありがとうございます。」と号泣する私。夫も泣いていました。

 

出産が初めての私はちゃんと産むことができるのかとても不安でしたが、無事あかちゃんが産まれてきてくれて本当に安心しました…

辛い時には夫が笑顔であかちゃんをだっこしている姿を思い浮かべて踏ん張りました。

夫も感動したらしく、その後も子供がかわいくて仕方ない、そして私にも何だか優しくしてくれるので、私は立ち会ってもらって良かったなぁと思っています。何よりも夫がいてくれて本当に心強かったです。

 

つづく

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村